くうねるチャンネルのブログ

くうねるチャンネルのブログです。YouTubeにアップロードしている動画を解説します。

アニメ「ポケットモンスター シーズン1」の第1話「ポケモン!きみにきめた」のあらすじ

今回からアニメ「ポケットモンスター」(シーズン1)のあらすじを紹介していきます。

まだ、アニメ「ポケットモンスター」を見たことがない人や見たけど忘れてしまった人のために 短時間で知ることが出来るようにあらすじを書いていきます。

1.ポケモントレーナーを目指す「サトシ」の登場

マサラタウンに住む10歳の少年「サトシ」は、 ポケモントレーナーを目指して旅立つ準備をしていた。

サトシは、最高のポケモントレーナーであるポケモンマスターになることを 心に誓っていた。

マサラタウンでは、 10歳になればポケモン取扱い免許をゆるされ、 マサラタウンに住むポケモン研究家オーキド博士から 初心者用ポケモンを1頭をもらい、 ポケモントレーナーを目指して旅立つことができるのである。

旅立ちの前夜、サトシは興奮のあまり、なかなか眠ることができなかった。 そこで、オーキド博士テレビ講座マサラタウンポケモン共有講座入門者編」を 見ることにした。

その講座では、最初にオススメしたいポケモンとして、 「フシギダネヒトカゲゼニガメ」を紹介していた。

フシギダネのアイコン ヒトカゲのアイコン ゼニガメのアイコン

ようやく眠りにつくことができたサトシだったが、 夢の中で最初に仲間にするポケモン選びで迷っていた。

オーキド博士がオススメするポケモン3体のどれにするかで迷っていた。 そのため、こともあろうことかサトシは寝坊するのであった。

2.オーキド研究所に行く

寝坊したサトシはパジャマのまま大いそぎで、 オーキド博士のいる研究所に向かうのであった。

オーキド研究所の入口には人がたくさんいた。 遅刻したサトシは、人垣をかき分けなんとか前に進むことができたのだが、 ポケモントレーナーを目指すシゲルとぶつかってしまう。 シゲルは、オーキド博士の孫だった。

大勢の人は、シゲルの旅立ちを見送ろうとする人だかりだった。 ぶつかったシゲルは、すでに最初のポケモンを手に入れていた。

遅刻したサトシに対して、見下した発言をする嫌な奴だった。 そして、シゲルは大勢の応援をあとにして、旅立っていた。

3.オーキド博士の登場

ほどなくして、研究所の入口にオーキド博士が現れた。 パジャマ姿のサトシにポケモントレーナーになるため、 最初のポケモンが欲しいと言われ、オーキド博士はあきれるのであった。

研究所内に案内されたサトシが、 オーキド博士に最初のポケモンを「ゼニガメ」に決めたことを 告げるのである。

しかし、オーキド博士が用意していた「ゼニガメ」は 遅刻しなかった子が持って行ってしまっており、 サトシはもらうことができなかった。

仕方なく次に選んだ「フシギダネ」も、 別の子がすでに持って行ってしまっていた。

さらに、「ヒトカゲ」も別の子が持って行ってしまっていた。

そして、サトシはオーキド博士から少し問題があるポケモンなら いることを告げられる。 あきらめきれないサトシは、そのポケモンをもらうことに決めました。

オーキド博士からそのポケモンが入ったモンスターボールモンスターボールを手渡され、サトシはそのポケモンとはじめての対面を果たします。

4.ピカチュウの登場

モンスターボールから飛び出したのは、 黄色いねずみポケモンピカチュウ」だった。

ピカチュウのアイコン

サトシは、はじめて手に入れたポケモンにあいさつをしようと 「ピカチュウ」を抱きしめます。

ピカチュウは、別名「でんきねずみ」といい、 恥ずかしがり屋で人に慣れにくい性格のため、 サトシにでんきショックを与えるのであった。

オーキド博士の説明も聞かずに、ピカチュウに触ってしまったサトシがまずかった。

サトシは旅立ちのせんべつとして、 オーキド博士からポケモン図鑑モンスターボール6つをもらいました。

モンスターボールモンスターボールモンスターボールモンスターボールモンスターボールモンスターボール

5.旅立ちの前に母親との別れ

ピカチュウを手に入れたサトシが、研究所の入口までくると、 サトシの旅立ちを応援しにかけつけてくれた知人と母親がいました。

遅刻したサトシは、旅の道具も持たずに研究所に来たため、 母親が旅の道具が入ったリュックを持ってきてくれていました。

ちなみに、旅の道具は以下でした。

  • ジーンズ
  • シャツ
  • パンツ
  • 防災用に家にあったインスタント食品
  • 炊事用のゴム手袋
  • 洗濯物を乾かすためのヒモ

モンスターボールに入っていないピカチュウをみて、 母親に「普通のポケモンは、モンスターボールに入っているのではないの?」と 聞かれサトシがピカチュウモンスターボールに入れようとしたが、 ピカチュウモンスターボールを弾き返されるのであった。

何度モンスターボールを投げつけても、ピカチュウモンスターボールに 入ることをこばむのであった。

6.前途多難な旅立ち

とうとう旅に出るサトシだったが、 電気を通さないゴム手袋を身に付け、 洗濯物を乾かすためのヒモをピカチュウの体に巻きつけ、 ピカチュウを引っ張りながら進むのであった。

7.はじめてのポケモン捕獲!?

サトシがピカチュウに仲良くしようとお願いしていると、 少し離れたところに「ポッポ」が現れた。

ポッポのアイコン

ポケモン図鑑で「ポッポ」を調べると、 「空を飛ぶポケモンのなかでは一番性格が優しく、捕まえやすい」、 「ポケモントレーナーの初心者には小手調べとして最適」と 音声で説明される。

ピカチュウにポッポを捕まえる手助けをお願いするも、断れる。 仕方なくサトシは一人でポッポを捕まえようとする。

サトシは、ポッポにいきなりモンスターボールを投げ、 モンスターボールの中に入れることができました。

しかし、モンスターボールに入ったポッポが暴れました。 そして、モンスターボールからポッポが飛び出しました。 それを見ていたピカチュウに笑われました。

ポケモンの捕まえ方を知らないサトシは、ポケモン図鑑で捕まえ方を調べます。

普通はポケモン同士を戦わせてから捕まえる必要があることを、サトシは知りました。 しかし、ピカチュウが手助けをしてくれるわけもなく、今度は寝巻きをかぶせて ポッポを捕まえようとしますが、ポッポの「かぜおこし」でサトシごと吹き飛ばされます。 さらに、ポッポの「すなかけ」をくらいます。

そうこうしている間に、木の下に置いていたリュックから食料を「コラッタ」に 奪われてしまいました。

コラッタのアイコン

それを見ていたピカチュウにまた笑われてしまいました。

今度は、石を投げてポッポに攻撃をしようとしますが、 ポッポが素早く逃げます。

8.オニスズメとのバトル

ちょうど遠くにいた「オニスズメ」へ見事に石をぶつけることができました。 しかし、気性が激しい「オニスズメ」にサトシが反撃に合います。

オニスズメのアイコン

サトシはなんとか「オニスズメ」の攻撃をよけていると、 少し離れたところにいるピカチュウに気がつきます。

オニスズメ」は、ピカチュウがサトシの仲間だと思い、 ターゲットをピカチュウに変えて攻撃をしかけてきました。

ピカチュウはなんとか「オニスズメ」の攻撃をよけ、 「でんきショック」で返り討ちにしてやりました。

攻撃を受けた「オニスズメ」が、近くにいる仲間の「オニスズメ」に 助けを呼ぶと、10数匹が現れ、サトシとピカチュウに攻撃をしようと 向かってきました。

十数匹の攻撃を受けたピカチュウは倒れてしまいました。 サトシは倒れているピカチュウを抱き抱えて逃げ、 滝つぼに飛び込みました。 そして、川を流されながらなんとか「オニスズメ」から逃げました。

9.カスミとの出会い

川で釣りをしているカスミに、サトシが釣り上げられました。

サトシが抱えているピカチュウがひどいケガをしていることを見て、 カスミは怒りでサトシにビンタしました。

カスミに近くのトキワシティポケモンセンターで すぐにピカチュウの治療をするように言われました。

二人が話していると、先程のオニスズメの大群がやってきました。 サトシは、カスミの自転車を借りて、大急ぎでトキワシティポケモンセンターに 向かいました。

10.トキワシティへ急げ

トキワシティに自転車で向かっていると、空に雨雲がかかりだし、 雨が降り出してしまいました。

そして、オニスズメの大群に追いつかれてしまいました。

オニスズメの攻撃をよけることに気を取られ、 崖から落ちてしまい倒れてしまいました。

このままでは、ピカチュウオニスズメの攻撃を受けてしまうため、 瀕死のピカチュウモンスターボールに入れば、 ピカチュウだけでも助かると言いました。 それでも、ピカチュウモンスターボールには入りません。

ピカチュウをかばうように、サトシは大群のオニスズメの前にたちます。

サトシの後ろから見ていたピカチュウは、最後の力をふりしぼって 大群のオニスズメに向かって飛び出しました。

そのとき、ピカチュウに空からカミナリがおちてきて、 そのカミナリの力を借りて強力なでんき攻撃をオニスズメに食らわしました。

おかげでオニスズメを倒すことができました。 しかし、カスミの自転車もピカチュウのでんき攻撃があたり、 丸焦げになり壊れてしまいました。

11.はじめての伝説のポケモン発見

空はすっかり晴れており、虹がかかっていました。 そのとき、空を飛ぶ黄金に輝く鳥をサトシは見つけました。

ポケモン図鑑にも載っていないポケモンでした。 世界には、ポケモン図鑑にも載っていないポケモンがいることを しるサトシでした。(そのポケモンは、ホウオウでした。)

ホウオウのアイコン

サトシは、ボロボロになっているピカチュウをだきかかえ、 トキワシティポケモンセンターを目指し歩き始めました。


次回(アニメ「ポケットモンスター シーズン1」の第2話「たいけつポケモンセンター」のあらすじ)に続きます。

kuuneruchannel.hatenablog.com

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

次回も、お楽しみに・・・。